社会保険労務士の難易度の実態

社会保険労務士になるための難易度

社会保険労務士になるためには、国家試験に合格する必要があります。
ただ、試験の難易度はかなり高く、一朝一石の勉強で合格できるほど 甘くはありません。
最低でも1年以上の勉強が必要で、そこには楽して合格するという裏技的なものは なく、とにかくひたすら努力が必要です。
でも、それは当たり前の事で、関単に合格してしまう試験なら、資格の価値はなくなってしまいます。

では、社会保険労務士の難易度はどのくらいなのか説明して行きましょう!

まず、社会保険労務士の合格率を見て行きます。
平成17年:8.9%
平成18年:8.5%
平成19年:10.6%
平成20年:7.5%
平成21年:7.6%
平成22年:8.6%
平成23年:7.2%
平成24年:7.0%
平成25年:5.4%
平成26年:9.3%

上記の合格率を見たら、社会保険労務士は難易度の高い試験だと感じると思います。
資格によっては、合格率は低くてもそれほど難易度が高くない試験もありますが、 社会保険労務士は、合格率と同等、むしろ、それよりも難易度が高く感じる かも知れません。

というのも、社会保険労務士は試験科目が9科目もあり、出題範囲が非常に広いのです。
そうなれば、当然勉強する時間や覚える事が多くなります。
さらに、複雑な仕組みの年金や労働基準法など、覚えにくい知識も沢山できてきます。

また、社会保険労務士の試験は、受験資格があり、そのほとんどは大卒者で、 一定の学力を有している方が非常に多くなります。
その中での合格率が一ケタ台なので、社会保険労務士は非常に難易度の高い試験だと 想像できるはずです。

では、どうやれば合格できるのかということになります。
その答えは当たり前ではありますが、勉強法を工夫するしかありません。
その方法は、次のページで説明しますが、必ず理解してほしいのは楽な方法はないということです。
それはどんな素晴しい方法でも変わりません。
冒頭でも説明しましたが、必ず、1年以上勉強する努力が必要になります。

とにかく、社会保険労務士は難易度が高く、簡単に合格できる試験ではないと理解して下さい。


>>社労士の資格を取る勉強法の決定版!

話題の通信講座特集