社会保険労務士年収の全容を確認して下さい

社会保険労務士の年収

これから社会保険労務士を目指す方が1番気にするのは年収だと思います。
一般的に言われている平均年収は、400万~500万円ですが、
あくまでも平均なので、実態とは異なります。

では、あなたが社会保険労務士になったらどのくらい年収が稼げるか検証して行きましょう。

まず、社会保険労務士の年収を語る上で、欠かせないのが就業形態です。
つまり、開業社会保険労務士なのか、勤務社会保険労務士なのかによって大きく異なります。

それでは、開業社会保険労務士のケースで考えて見ます。
開業社会保険労務士は、仕事すればするだけ自分の収入になるので、
上限はありません。
しかも経費はほとんどかからないので、仕事の報酬が自分の収入になります。

私の知る限りでは、年収2000万円を超える方もいるくらいです。
また、社会保険労務士は単発の仕事ではなく、継続的に続くケースが多いので、 一度顧客を獲得すれば、安定した収入を確保できる可能性もあります。

しかし、その一方でほとんど収入も得られず、廃業になる社会保険労務士もいることも確かです。
どんな仕事であれ、資格を取得したからと言って、顧客が飛びついてくるわけではありません。 それは、弁護士でも税理士でも同じです。

ですので、独立社会保険労務士の年収はピンキリなので、平均を出す事は非常に難しいのです。

次に勤務社会保険労務士について考えて見ます。
結論から言うと、勤務社会保険労務士の平均年収は正直わかりません。
何故なら、その業界や会社によって年収はまちまちで、このくらい貰えると言う目安はないのです。
ただ、あえて言うとすれば、一般的な年齢給だということです。

例えば、30代の男女共に合わせた年収は430万円だと言われています。
でも、あくまでも平均なので、その実態はかなり年収が高い方と低い方に 2極化されます。
たぶん普通の会社員の女性なら、300万円を超える方も少ないのが現状だと思います。

しかし、それでも勤務社会保険労務士になれば、収入が安定する強みはあることは確かです。

まあ、どちらを選ぶかはあなた次第ですが、どちらを選ぶにせよ、 それぞれメリットとデメリットがあることだけは覚えておいて下さい。


>>社労士の資格を取る勉強法の決定版!

話題の通信講座特集