社会保険労務士に合格するならこの勉強法を理解して下さい。

社会保険労務士の勉強法!

まず、予め言っておきたいことがあります。
それは、社会保険労務士に合格したいのなら、独学で勉強することはやめて下さい。
少し強引な言い方ではありますが、不合格者になる人の多くは独学で、
大抵の方は 途中で挫折してしまいます。

前ページでもお伝えしたように、社会保険労務士は9科目もあり、 まともに勉強していたら、とても1年や2年で合格するだけの知識は身に付きません。

試験に出題されそうな範囲を絞って効率良く勉強していかなくては、 1年と言う短期間で合格する事は難しくなるのです。
そのためには、予備校や通信教育を受講しながら、勉強のポイントを学ばなくてはいけません。

もちろん、中には独学で合格する人もいます。
ですが、そうした人達は、もともと学力が高い人か、何年も毎日勉強しても苦にならない人です。

ごく普通の方は、何年も毎日勉強を続けられませんし、難解な法律をテキストだけで 理解する事は困難です。

ここでもう一度思い出して下さい。
社会保険労務士は、学力が高い大卒者が多く、それでも10人に1人も合格できない試験です。
そのような状況にも関わらす、独学で合格する事はかなり無理があると理解できると思います。

しかし、一概に予備校や通信教育を受講すれば良いというわけではありません。 特に通信教育の場合、気をつけてほしいいのは、必ず講義が聞けるところを受講して下さい。

CMでも有名なある大手通信教育でも講義が付いていなく、テキストだけの 勉強になるケースもあります。
それだと、独学で勉強するのと対した差はありません。

社会保険労務士で重要なのは、まず法律を理解する事で、 そのためには、講義の解説を聞きながら、効率的に知識を吸収していく事が必要なのです。
独学で合格するのが難しいのは、その講義が聞けないことも原因の一つです。

このサイトを見てくれている方の中には、 お金がかかるので、予備校や通信教育を受講したくない方もいると思います。

ですが、その考えはこの場できっぱりと捨てて下さい。

そんなお金を使いたくないとか、とりあえず書店のテキストや問題集を購入して 勉強してみようという軽い気持ちで合格できる試験ではないのです。

ライバル達よりも多くの勉強時間と効率的に理解できる講義などを利用して、 差をつけていかなくてはいけません。
そのことさえ、理解できていれば社会保険労務士に合格する事はできると思います。

まずは、「独学で勉強しない」

この真実を理解して下さい。


>>社労士の資格を取る勉強法の決定版!

話題の通信講座特集