社会保険労務士の就業形態

社会保険労務士の就業形態!

ここでは社会保険労務士の就業形態について考えてみます。

基本的に社会保険労務士のような士業(行政書士、司法書士、税理士など)は 独立開業型の資格ですので、ゆくゆくは独立して自分の事務所を持つケースが多くなります。

しかし、社会保険労務士は、企業に勤務する勤務社会保険労務士が多いのも特徴です。
あるデータによれば、約3割が勤務社会保険労務士とだと言われています。

では、開業社会保険労務士と勤務社会保険労務士の違いは何かと言うと、
基本的には何も変わりません。
仕事を請け負うか、自分の会社の労務管理を行なうかだけの違いです。

しかし、給与形態は大きく違います。
開業社会保険労務士は、仕事をしただけ自分の収入になるので、
年収は大きく膨れ上がります。(詳しくは別ページで)

対して、勤務社会保険労務士は、収入は安定しますが、一般の社員と給与水準が 同じなので、大きく稼ぐ事は出来ません。

それに社会保険労務士は、あくまでも独立開業型の資格なので、 企業に歓迎されるとも限らないのです。

というのも、企業としては、長く勤めてもうら事を前提として、正社員として雇用します。 そんな中で、独立開業型の資格である、社会保険労務士の資格を持っていれば、 いずれ独立してしまうと警戒されてしまう恐れもあります。

要するに、社会保険労務士は就職に有利な資格とは一概に言えないということです。

もちろん、全ての企業がそうだとは言いません。

企業にとって見れば、必要不可欠な知識となるので、社会保険労務士を高く評価するところも沢山あります。

ただ、社会保険労務士の資格を取って、企業に勤め安定した生活を送りたいと言う考えだったら、 別の資格を検討した方が良いと言うことです。

あくまでも、社会保険労務士は独立して仕事をすることに魅力がある資格です。


>>社労士の資格を取る勉強法の決定版!

話題の通信講座特集